クリンチングファスナー虎の巻


運営;クリンチングファスナー普及委員会
スポンサー;株式会社ユーロテック

クリンチングファスナー説明員 工業製品に広く用いられている“ねじ”には様々なものがあります。 その中に板金部品などで用いられる クリンチングファスナーと呼ばれる“圧入ねじ”があります。 クリンチングファスナーは、近年、 薄型テレビを初めとする一般家電製品などで多用される ようになって来たものの、正しいクリンチングファスナーの使用方法を 解説した本やホーム・ページは、何処にも存在しませんでした。 そのために、板金製品設計者の皆さんは、情報不足の状態で クリンチングファスナーを使用するしかありませんでした。 しかし、クリンチングファスナーを使用するに当たって、必要と思われる情報は極めて多く、 また、それを十分に理解していなければ不具合等に結びつく恐れが多々あります。

このページは、クリンチングファスナーの情報を無償で提供する事によって、 幅広くクリンチングファスナーを使用して頂く事を目的とするものです。 特定のメーカーに依存した情報ではなく、 あくまで中立の立場から、客観的な見解を述べてゆく事を基本としております。

クリンチングファスナーのラインナップ
クリンチングファスナーのラインナップ
ねじ径は、M3とM4が大半です。 実際は、この画像よりも小さいのでご注意下さい。 ( 表示画面による )


お役立ち情報集 [ Site MAP ]

クリンチングファスナー入門編

1. クリンチングファスナーって何だろう?

    クリンチング・ナット類の使用方法
    スペーサー類の使用方法
    スタッド類の使用方法

主要3種類の用途

2. かしめるではなく圧入

    “かしめる”とは?
    “かしめる”という言葉の由来
    クリンチングファスナーは無変形
    塑性加工学 における表現
    正しい表現

“かしめる”の矛盾

3. クリンチングファスナーは金型

    両者の概念の違い

クリンチングファスナーは金型

4. クリンチングファスナーの歴史

    昭和時代のクリンチングファスナー
    平成のクリンチングファスナー
    近年のクリンチングファスナー
    これからのクリンチングファスナー

理解を深めるための歴史

5. ファスナーのカタログ解説

    “在庫にありますか?”という問合わせ

カタログの見方を説明

6. ファスナー圧入アニメーション

    クリンチングファスナー関係
    インサーション・マシン関係

圧入イメージ理解のために

7. 売れ筋のクリンチングファスナー

    クリンチング・ラウンド・スペーサー
    クリンチング・ラウンド・ナット
    クリンチング・スタッド
    クリンチング・パイロット・スペーサー
    まとめ
    クリンチングファスナー・メーカーの責任

実際の販売実績

8. その他のクリンチングファスナー

    パイロット・スペーサー PF- PFS品番
    フラッシュ・ナット FN-品番
    隅打ち用スタッド STL- STLS-品番
    パネル・ファスナー ESKF-品番
    これら以外のクリンチングファスナー

主要3ファスナー意外

9. 材質と板厚のクリンチングファスナー対応表

    板金屋さんのクリンチングファスナー調達事情
    この表から言える事
    まとめ

材質と板厚への対応

10. クリンチングファスナーのめっき

    亜鉛めっきで気になるウィスカーについて

使用されているめっき

11. クリンチングファスナーの硬度

    実は簡単
    よくある勘違いと対策

硬度は3つのタイプだけ

クリンチングファスナーのトラブル対策編

クリンチングファスナー最大のトラブル要因

    プレスの基本機構
    この問題の解決方法
    板金屋さんの実状

当HP内最重要 圧入の根幹

対策1 剥離再めっきはやめて

    水素脆性(すいそぜいせい)
    水素脆性のリスク
    めっきの神様
    剥離だけでは無く、母材も溶ける

剥離再めっきの危険性

対策2 ステンレスは錆びます

    塩分の多い場所では使用しない
    もらいさび
    錆びるという化学変化(導電性との関係)

勘違いのないように

対策3 『磁性』と『磁力』の勘違い

    磁性は電子機器周辺にあった方が良い
    磁力は電子機器周辺にあってはいけない
    例外もあります
    設計者の皆さんへのお願い

勘違いが発生し易い内容

対策4 M3ねじの難しさ

    トラブル発生時の状況

日本人はM3を使い過ぎ

対策5 全長が長過ぎる

    長いクリンチングファスナーの不都合

長いのは設計ミス

対策6 半端な長さの使用

    クリンチングファスナーとGT化
    半端なサイズが避けられない場合

半端長ファスナーは高価で品薄

対策7 板の裏表と圧入方向

    理論と現実

下穴の抜き方向と圧入方向

対策8 レーザー下穴の危険性

    ピン角とR面取り

レーザー加工下穴の良し悪し

対策9 R面取りの危険性

    穴だけR面取りされないようにする方法
    最新鋭のバリ取り機

下穴にR面取りを行わない

対策10 全周破断

    世界の労働災害と労働基準監督官

全周破断の発生理由

対策11 発注ミスが多い訳(品番問題)

    本当は、こうすべき

ねじ類に納期遅れの発生理由

対策12 発注ミスが多い訳(部品構成)

    隠れた原因と対策

複雑部品構成のトラブル予防

対策13 発生が予防できない不具合

    クリンチングスペーサーのローレット欠け
    ローレット欠け対策

究極のトラブルとは?

対策14 反りを抑えるリテイナーツール

    インサーション・マシン周辺装置

Cナットの板反り対策

インサーションマシン編(クリンチングファスナー圧入技術)

1. 圧力制御

    間違った噂が広がった理由

圧力制御が絶対に必要な理由

2. シングル・パーツ・ハンドリング

    プレスブレーキのパーツ・ハンドリング
    インサーションマシンのパーツ・ハンドリング
    大規模なファスナー圧入工程の加工セル

パーツ・ハンドリング=速度

3. 部品点数の削減

    典型的な例
    インサーション・マシンの対応能力
    間違った解釈で失うもの

更なるVEも可能

4. まとめて圧入出来ないの?

    金型屋さんの見解
    結果はこうなる
    その後の実態

まとめてはいけない理由

5. 4つのミス防止機能

    クリンチングファスナー有無検出機能
    クリンチングファスナー長さ検出機能
    クリンチングファスナー加圧ポイント検出機能
    クリンチングファスナー以外が挟まった時

マシンは間違わない

クリンチングファスナー関連知識編

1. 設計者のためのチェックリスト

    圧入技術の未来 ( 原発事故と新幹線の違い )

確認すればトラブルは無し!

2. 合理的なファスナー設計

    過剰品質とねじゲージ

合理的クリンチングファスナー例

3. クリンチングファスナーの化学物質調査

    化学物質調査を依頼した時の板金屋さんの状況
    板金屋さんへの対応方法
    困った大手企業の独自書類フォーマット

化学物質調査を楽に行う

4. どうやって検査してるの?

    板金屋さんの ねじ類管理事情
    不具合発生時の事情
    ねじ業界独特の特殊な悪習慣
    AQLを超えた自動選別機の品質管理
    選別機はオールマイティーか?

Cファスナー検査の矛盾点

5. 所要量を偽らない事

    コストダウンの作戦
    もっと大きなコストダウン

騙されたメーカーの被害

6. “在庫に持ってくれ”という要望

    クリンチングファスナー・メーカーの在庫事情
    これによって、どんな事が発生するのか?

無理な要望です

7. 倒れデータが無いのは何故か?

    そうは言っても実験データ

倒れデータが無い訳

8. 板金屋30%廃業説

    小規模な板金屋さんの歴史
    今、燃え尽きようとしている板金屋さん
    廃業ラッシュの影響
    廃業ラッシュの対策

社会問題にも言及

9. クリンチングファスナーのデリバリーと重量

    デリバリー時に発生し易いトラブルのパターン
    デリバリー状況の例 (Eurotecさんの場合)
    近未来のデリバリー
    主要なクリンチングファスナーの重量表

デリバリーの実状

10. クリンチングファスナーの小分け販売

    GTの話 part 2
    実際に小分け販売を実行した結果

小分け販売の苦労と実状

11. 各社品番コードの対応表

    設計寸法の持つ危険性
    サプライヤー変更が容易に可能になる
    在庫に持っていない場合が多々ある
    圧入技術が軽視される事に繋がる

対応表が公開できない理由

12. “プレスする”と書いてあるカタログ

    カタログを見た板金屋さんの反応
    力学的に正しい表現は、これ
    学者さんも驚く圧入技術
    かしめと圧入と福沢諭吉
    “プレス圧入する”とも書いてある

翻訳ミスによる大きな弊害

13. 設計者に知ってほしい板金の原価計算

    大企業の事情
    板金部品の正しい原価計算
    自分の仕事の原価も把握していない?
    何故バリ取り代を支払ってもらえないのか?

積算方式と、その悪用例

14. 海外のクリンチングファスナー製品

    自動車部品
    超小型クリンチングファスナー
    プリント基盤に圧入するクリンチングファスナー
    結束バンド固定用ファスナー
    板と金属を固着するファスナー
    航空機用クリンチングファスナー

PEMの情報と日本との比較

15. クリンチングファスナーが破壊した場合

    結果は何時も延性破壊
    生産管理上の問題が主

圧入後破壊理由は特定可能

16. クリンチングファスナーの価格

    価格情報を活用する場合の承認事項

ファスナー価格を公開

17. クリンチングファスナー総論

    このホームページが存在する事の意義

Cファスナー全体総括

このページが作成された理由
クリンチングファスナー自体は、圧入過程においては 一般的な塑性加工(そせいかこう)における金型(かながた)の役目を果たすものです。  そして、圧入後には板に固着し、一定の強度を保ち続ける事になります。  さらに、クリンチングファスナーの圧入は、板金屋さんで行われる、 塑性加工の中で最も微細な塑性加工であり、 正しい知識と考え方を持って加工を行う必要があります。
このような特徴を持つためクリンチングファスナーを 上手く使用するためには、多くのコツと約束事 があります。

“ ねじ ” の流通業者は、激化する他社との販売競争に勝ち残るために 奔走して来ました。  しかし、正しいクリンチングファスナーの使用法を、 伝えるほどの知識は持っていない場合が多く、 顧客である板金屋さんに伝える事はあっても、 その情報が、実際に図面を作成する板金製品設計者に 伝えられる事は、全く無かったと言っても過言ではありません。  板金製品設計者の皆さんは、 クリンチングファスナーの適切な使用方法が解らないまま、 海外の板金製品に遅れをとらないようにするために、 何となくクリンチングファスナーを図面に書き込んでいた はずです。

幸い、筆者の手元には、多くのクリンチングファスナーの情報が存在します。  その内容をまとめ、公開する事は、 多くの板金製品設計者の皆さんにとって極めて有意義な事であると考えます。  また、本来、クリンチングファスナーを使用すべきアプリケーションに対し、 クリンチングファスナーが使用されないという、 悲劇を見たくないという思いもあります。

クリンチングファスナーは、板金で使用される “ ねじ ” の中で、 最も多用されてしかるべきポテンシャルを持っています。  クリンチングファスナーに対する、正しい知識を広く提供する事は、 日本工業会のレベルUPに繋がるものであると確信します。

注意;このホームページの内容や画像を無断で転載・複写する事を禁じます。
転載・複写御希望の場合は、必ず CF普及委員会 まで御連絡下さい。