クリンチングファスナー虎の巻


運営;クリンチングファスナー普及委員会
スポンサー;株式会社ユーロテック

インサーション・マシン編(クリンチングファスナー圧入技術)

1. 圧力制御

クリンチングファスナーを鋼板などに圧入する時、インサーション・マシンは必ず必要。 理由は、インサーション・マシンが圧力制御機構を持っているからです。 これは、クリンチングファスナーのカタログにも明記されていて、プレスでは適正圧入力を調整できません。

    間違った噂が広がった理由

圧力制御が絶対に必要な理由

2. シングル・パーツ・ハンドリング

クリンチングファスナーを圧入するために必ず必要な インサーション・マシンの生産速度は、プレスブレーキと同じくパーツ・ハンドリングで決まります。 その詳細を解説します。

    プレスブレーキのパーツ・ハンドリング
    インサーションマシンのパーツ・ハンドリング
    大規模なファスナー圧入工程の加工セル

パーツ・ハンドリング=速度

3. 部品点数の削減

インサーション・マシンの構造によって可能になるVEに関する情報です。 インサーション・マシンでは、プレスでは不可能なVEが可能で、結果的に大幅な部品点数の削減が可能となります。

    典型的な例
    インサーション・マシンの対応能力
    間違った解釈で失うもの

更なるVEも可能

4. まとめて圧入出来ないの?

誰でも、大きな金型を作って複数のクリンチングファスナーを一度に圧入する事を 考えると思いますが、それがどうしても出来ない理由を詳細に述べます。

    金型屋さんの見解
    結果はこうなる
    その後の実態

まとめてはいけない理由

5. 4つのミス防止機能

インサーション・マシンに搭載されている4つのミス防止機能を解り易く説明します。 考えられるトラブルの多くは、これらの機能によって是正されます。

    クリンチングファスナー有無検出機能
    クリンチングファスナー長さ検出機能
    クリンチングファスナー加圧ポイント検出機能
    クリンチングファスナー以外が挟まった時

マシンは間違わない